PREV| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

17歳だった!

昔話。



わたしの「リアル初恋の人」は、旧約聖書から派生した、
ものみの塔(エホバの証人)と呼ばれる宗派に属していました。

国旗掲揚の時に、全員が回れ右をしているなか、
ただひとりだけ、真っ直ぐ前を見ていた彼のことを覚えています。
そして、「男女のお付き合い」は、
同じ宗派に属している人との間でしかできないというのも、
決まりのひとつだそうです。

子供の残酷さは、
アウトローに対して、もっとも直に向けられるもので、
彼もまた噂の対象でした。

ただ、その噂に対抗するでもなく、
くじける風でもなく、
凛とした、いたずら好きな彼。
しかも頭が良くて、
顔もよい(すべてのひとが「よい」というかは謎。)
と来ています♪

最初の出会いは最悪でしたが、
とても印象的でした。

わたしは、彼のひととなりそのものに惚れており、
誰がなんと言おうと彼が好きでした。
が、男に疎いワタクシ。
バレンタインデーに作ったチョコレートすら、
渡せずにいた記憶があります。

ところが、
彼もどうやら私を好きでいてくれたらしいのです。

卒業アルバムの寄せ書きに書かれた、
「いつか、つきあってね。今は無理でしょうけど。」の文字。
そして、2年後に偶然再会したときの言葉。
「お前のために、家族でずっと続けて来たことを、やめようと思う。」

この言葉を聞いたとき、
当時17歳のわたしは、かなり頭に来ました。

100歩譲って、「お前」は、許す。

だが、あんたは、

たかだかオンナごときで、

自分の宗教上の信念を

曲げるような男だったのか?


わたしは、そんな男に5年間も想いを捧げてたのか?的怒りです。

以降、自然消滅。

本当はあの時、すごくしあわせだったのに、
そのしあわせに、全く気がつかなかった事。
今ではとてもいい思い出です。

2年ほど前、中学校時代の友達に、
彼が結婚したことを聞きました。

ほんとにほんとにありがとう!
そしてほんとにほんとにおめでとう!
しあわせになれよ♪
わたしも、ぼちぼちがんばる♪


※なぜだかよくわからないのですが、私のまわりには、『日本社会においては、「社会的弱者」と呼ばれる人』が集まってきます。これもひとつの「縁」。

あるとき、仕事で悩んでいた私は、たぶん「変態」と呼ばれる部類に属するのではないかと思われる、トライアスリートのような格好をしたお兄さんに声をかけられました。

お兄さん:「女子高生は僕を見て変態って言うんです。僕、変なんでしょうか?」

私:「え?健康的でいいんやないッスか?そんなことより、私仕事で悩んでるんですよ。数字数字って、お客さんに「売る」だけの毎日が心底きついんです。どうしたらいいのかわかんないです。」

お兄さん:「いや、社会ってそういうもんなんだよ。どこにいってもそうだよ。それより、もっと僕を見てくれませんか?」

私:「興味ないんでお断りします。がんばってくださいね♪じゃ、さよなら♪」

で、笑顔の別れ+ダッシュで会社へ。
こんな一期一会もありました。
スポンサーサイト

| 履歴書 | 07:22 | comments(10) | trackbacks(0) | TOP↑

COMMENT

v-132くれいじぃ~様

それより気になる、あなたの素性♪
一生懸命考えたけどわかりません。ごめん。

ちなみに、
N君です。

| migi | 2006/11/10 19:53 | URL | ≫ EDIT

色付きの文字相手がとてもきになる・・・・今日この頃(笑)あの人でつか?

| くれいじぃ~ | 2006/10/23 00:34 | URL | ≫ EDIT

v-132洋さま♪
そーだったのよ~。

| migi | 2006/04/09 16:11 | URL | ≫ EDIT

そうだったんだあ

そうだったんだ
うん、うん

| 洋 | 2006/03/16 23:05 | URL | ≫ EDIT

v-132まいまいず様
一緒にお茶飲んで、
しばらく話したら、
お互い笑顔でさよならできると思うよ♪

そのお兄さん、
「ふつうのひと」より、
ずっとしっかりしてた。

価値基準が混沌。
なにが普通かって決めるのは、
難しいね。

| migi | 2006/03/13 05:34 | URL | ≫ EDIT

v-132笛おじさん様
ゴムダンおじさんのニューバージョン?

頑固ものは頑固者が好き♪
だから、わたしきっと、
笛おじさんのことも好き♪

| migi | 2006/03/13 05:29 | URL | ≫ EDIT

v-132へんたい、たいへん!様
「自分で決めたことに後悔はない」

って、
「心理学者」かつ「おかあさん」である方に、
言われたんだ。
心をつかまれました。

| migi | 2006/03/13 05:28 | URL | ≫ EDIT

実家に時々尋ねてくるエホバさん
超リアリストの母にどんなにどんなに言い返されても
やってくる。
ある意味尊敬に値します。
営業の仕事でも向いてるんじゃ?

笑える変態くん。
今もアスリートかなぁ?

| まいまいず | 2006/03/10 23:58 | URL | ≫ EDIT

うちのおとなりのおとなりさんもそうだ。

migiちゃんは頑固なタイプが好きなのね♪
わたしもおんなじ♪えへ。

| 笛おじさん | 2006/03/10 23:49 | URL | ≫ EDIT

職場にエホバの男の子がいて
『病気になっても輸血できないんだ・・・
親が入っていたから自分も入らされているけど・・』
とってもさみしそうに語った。
その後、彼がどうなったかは知らないけど。

| へんたい、たいへん! | 2006/03/10 10:05 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://lovereallife.blog41.fc2.com/tb.php/121-d7514845

TRACKBACK

PREV | PAGESELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。