PREV| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

オトナの絵本

13歳のハローワーク

『13歳のハローワーク』
村上龍(むらかみりゅう)著
単行本: 455 p ; サイズ(cm): 26 x 19
出版社: 幻冬舎 ; ISBN: 4344004299 ; (December 2, 2003)


村上龍の著作はこちら

村上龍氏はやさしいひとだな。と、いつも思う。
初期作品から最近のものまで、手にとっては読んでいる作家のひとり。

例によってあとがきをよむ。

多くの政治家や官僚、不良債権を抱える多くの銀行
…中略…フリーターの若者、社会的引きこもりの人びと、
犯罪に走る少年たち、ホームレスの人びと、
彼らはダメになっているのではなく、
「何をすればいいのかわからない」のではないだろうか。
(以上 あとがき より抜粋)

やさしい。限りなくやさしい。
そしてそれは、社会的勝者であるが故の、
言葉でもあるのだけれど。


※ある環境から、別の環境へ移る際のエネルギーは、並大抵のものではない。ので、私は、転職経験のある人を無条件に尊敬する。『13歳のハローワーク』は、大人が読んでも、とても楽しいし、子供の絵本としてもおもしろい。ほんの少し、エドワード・ゴーリーの絵本に似た雰囲気がある。
スポンサーサイト

| ヨム | 22:02 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://lovereallife.blog41.fc2.com/tb.php/98-cf11eabf

TRACKBACK

PREV | PAGESELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。